知っておきたい!不動産売買における仲介手数料の計算方法

知ってて損はしない!仲介手数料の計算法

不動産の仲介手数料って何?

不動産を売買するときに、不動産の仲介業者を介せば、仲介手数料が発生することはご存知ですか?
私も聞いたことくらいはあるのですが、不動産の売買なんて今までしたこともないし、そんな機会もなかったのですが、これからもしかしたらそんな機会が突然やってくるかもしれませんよね。

突然、土地や家を購入することになるかもしれませんし、知ってて損はないはずです!

仲介手数料だって安くはなく、数万円から数十万円にだってなるのです。

売買価格だけを考えていて、仲介手数料をすっかり忘れていたら後々の計算だって合わなくなってきて結局購入を見送らないといけなくなったりしては困りますよね。

不動産の売買はなにぶん高額なものですから慎重にならなければいけません。

しかも不動産を購入するときだけでなく、売る時にも仲介手数料は発生します。

突然、親が高齢になってきたから実家を手放すなどの状況がやってくるかもしれないです。

そうなったときに少しでも不動産に関しての知識があると助かります。

不動産の売買に関する仲介手数料は宅地建物取引業法というもので定められていて、全て計算で算出されます。
そして、そこには上限が設けられていてそれ以上の仲介手数料を求めると違法となりますので、どこの業者もこの上限ギリギリの仲介手数料を提示してくるようです。

しかし、それも業者によって色々あり、上限ギリギリのところもあれば無料のところもあるので、計算法や上限を知っていなければ損をするのは間違いありません。

TOPへ戻る