知ってて損はしない!仲介手数料の計算法

>

不動産の仲介手数料とは

まずは不動産の仲介手数料について

そもそも不動産の仲介手数料とは一体なんなのでしょうか。
分かりやすく言えば、仲介手数料とは不動産を売りたい人と買いたい人の間に入って売買のお手伝いをした不動産業者に支払うお金です。
ただ、売りたい人と買いたい人の間に入っただけなので不動産業者としての報酬はこの仲介手数料だけとなります。

どれだけ頑張っていい仕事しても、不動産業者にとってこの報酬は変わりません。
先ほども書きましたが、宅地建物取引業法で上限が決まっていますので、上がることがないのです。
支払う側としてはありがたいのですが、受けとる不動産業者側としてはなんとも言い難いものですよね。

ただ、最近は最初から仲介手数料を無料としている業者や、低く設定している業者もあるようですからせっかくなら安くすむようにしたいですよね。

仲介取引パターンと仲介手数料

不動産の仲介取引には2パターンがあって、ひとつは売り手と買い手の間に1社だけが入る場合。
ふたつめは売り手側に1社と買い手側に1社が入る場合。

前者の場合は売り手側と買い手側、両方から仲介手数料を貰う事が出来ますので仲介業者としては有難い話です。
ですから仲介手数料を下げる事もどちらかを無料にすることも出来ます。

ただ、後者の場合は仲介手数料を売り手側か買い手側のどちらか付いてる方にだけということになるので収益が少ないです。
こうなるとあまり値下げ交渉など見込めない可能性が高くなります。

出来れば前者の方で交渉出来たら有難いとは思うのですが、こればかりは実際その状況になってみないことにはどうなるかは分かりません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る