知ってて損はしない!仲介手数料の計算法

>

ズバリ仲介手数料の計算方法

仲介手数料の計算方法

では、ちょっと頭が痛くなりそうな事を書いていこうと思いますよ。

仲介手数料を出す計算式は宅地建物取引業法で決まっています。

売買価格が200万円以下の場合
仲介手数料=売買価格×5.4%

売買価格が200万円から400万円の場合
仲介手数料=売買価格×4.32%

売買価格が400万円以上の場合
仲介手数料=売買価格×3.24%

このように決まっています。

しかし、1000万円の売買価格を例えに出して説明すると1000万円を200万円、200万円、600万円と分割されて計算されます。

つまり
1000万円×3.24%=32.4万円
と計算されるのではなく

200万円(以下)×5.4%=10.8万円
200万円(以上)×4.32%=8.64万円
600万円×3.24%=19.44万円

10.8万円+8.64万円+19.44万円=38.88万円

これが1000万円の仲介手数料となります。

少し簡単な計算方法

さて、頭がちょっと混乱してきたかと思いますが、ついてきて下さいね。

しかし、不動産業者の方が仲介手数料を出すときに先ほどのような計算はしません。
もっと手早く計算する方法があります。

売買価格が200万円以下の場合
仲介手数料=売買価格×5.4%

売買価格が200万円から400万円の場合
仲介手数料=売買価格×4.32%+2.16万円

売買価格が400万円以上の場合
仲介手数料=売買価格×3.24%+6.48万円

このように計算されます。

2.16万円とか、6.48万円とか何か加算されているように思えますが、先ほど1000万円×3.24%=32.4万円とは計算せず、分割して計算して仲介手数料は38.88万円となりますよと言ったのを覚えてますか?
その誤差、38.88万円-32.4万円=6.48万円。

これが、この計算のプラス分です。
あらかじめ、調整数値として追加して計算します。


この記事をシェアする
TOPへ戻る