知ってて損はしない!仲介手数料の計算法

>

実は仲介手数料にも相場があります

仲介手数料の相場

仲介手数料も相場というのがあります。
平均的にみるとやはり上限ギリギリの額が相場となってくるのですが、特にそれが悪いという訳ではありません。
先ほども書きましたが、不動産業者にとってはそれ額が報酬となってくる訳ですから、最初から安く提示してくる事はありません。
それに、やはり都市部と地方によっても差が出てくるようで、どうしても地方の方が高くなる傾向があるようで、それはもともとの土地の値段が関係してきます。
同じ広さの土地でも都市部と地方では価格が変わってきます。
つまり、土地の値段が高いという事は仲介手数料の上限も高くなります。
ですから、都市部の仲介手数料は多少下げる事が出来るのです。
しかし、地方ではもともとの土地の値段が安いので、仲介手数料も安くなり、なかなか下げる事が難しくなるのです。

より良い不動産業者の方と出会えますように

とりあえず、不動産の仲介手数料について計算方法など書いてきましたが、なんとなくでも分かっていただけたでしょうか。

不動産を売買するなんて、きっと人生において何度も経験するような事ではないと思いますが、いざというときに少しでも知識があると困らないと今回調べていて思いました。

仲介手数料は会社によって色々あるようです。
しかし、あまり業者に無理を言って値切っても、そのあと色々やりにくくなってしまったりするので、やはり上限をちゃんと知っておいて、どのくらいの差額があるのかを自分で把握出来るようにしておいて損はないかと思います。
とにもかくにも、そういう時にしかお世話にならないかもしれませんが、頼りになる不動産業者の方と出会いたいものですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る